2010年07月30日

演奏「別れの朝」

新町の本法寺の夏祭り「鬼子母神講」での演奏

毎年お呼びいただけるようになった。本堂、庫裡の改築中で昨年に引き続き仮設テントステージで。
都市計画道路がかつての境内の中を通る予定である。その道路に沿って東西に本堂と庫裡が建てられている。

施工は「地元」と言うより、同じ町内のK建設。
退院して間のない妻のボーカルに変わって、そのK建設の社長と嫁いだお嬢さんが歌った。

いつも思うのは新町の人たちの結束力の強さと、芸達者な人の多いこと。ダンスあり、弾き語りあり、さらには朝顔の鉢のセリまでみんな自前でやってしまう。ご住職の紙芝居も堂に入ったもの。

そう言えば今ドイツにいる息子が子供の時本法寺を「ポンポウジ」と言っていたのを思い出す。
何を隠そう、私も「新町」の住人である。


posted by ヒゲの無くなった理髪師 at 14:45| 福島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | エレキな小父さんDaddyBeat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/157921334
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。