2010年10月07日

一時帰国

ドイツで靴造りを学んでいる次男が一年ぶりに帰国した。
稲荷神社のお祭りに合わせての帰国である。
子供の頃から町のお祭りを楽しみに育った。町会の山車をひき、太鼓を叩き、そして今山車の上から威勢をつける。
ブログに特技?として「地元の祭り・・・・」と書いているのだからアイデンティティーを感じているのであろう。

ドイツからの便は乗り継ぎ時間も含め24時間かかったそうだ。
東京で用を足し、福島には8日の夜になるとのこと。
posted by ヒゲの無くなった理髪師 at 13:21| 福島 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご子息

ご子息の帰国、一年ぶりとは。
まちどうしいですね。!!
やはり遠く離れていると
心配は尽きないもの、ぐっーと
胸の奥に心配を仕舞い込んで
ご子息の帰りを待つ父。・・・

かえるのこはかえるで、
祭り好きなんですね。
小さいころから親を見て育っている
ご子息ですよ。頼もしいですね。
Posted by ひまなじじ at 2010年10月07日 20:02
元気が良すぎて、多少はらはらさせられますが、お祭りも世代交代が進んできております。
何となく寂しいようで、ホットするようです。
Posted by ヒゲとハサミ at 2010年10月08日 10:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。