2010年12月14日

ロンリーハーツ親父バンド

数年前の演奏依頼の2段目 福島市理容組合の忘年会 で演奏をした。
もともとバンドへの演奏依頼であったが、リードギター2人の都合がつかなくて DADDY BEATとしての参加は見合わせた。
ただ今回は演奏の依頼を断るわけにもいかず、夏にお世話になった川俣のバンドYAMATOのメンバーに私のベースで演奏すると言うことにした。夏から数えると数回バンド演奏の練習をしに、川俣町まで通った。最初は戸惑うことも多かったが、何回か練習する内に打ち解けてきてサウンドも大分こなれてきた。
昨日はリラックスしてとても良い演奏ができたようにおもう。喜んでいただけた。
後半はダンスやツイストで踊っていただけて、うれしかった。

固定したメンバーでスタイルを固め、バンドの個性を作ることは重要である。レパートリーを熟成させていく過程は大変だが、仕上がった時の楽しさは格別だ。またいろいろなグループの演奏を聴くことも大切だろう。
ただ、柔軟性も必要だ。芸術家ではない。あくまでも音楽を楽しむことが基本である。楽しくなくては趣味をする意味がない。その点から言えば我々は大いにアマチュアでいいのだと思う。

演奏して楽しく、元気に がコンセプトのバンドなのだ。
それは「大人」の集まりであり、バンドで集まってひととき少年時代にタイムスリップように、ギターに打ち込むから楽しいのだ。
我らはまさしく「親父バンド」。
加山雄三の「」は私たち自身のことだとも思う。

posted by ヒゲの無くなった理髪師 at 12:05| 福島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | エレキな小父さんDaddyBeat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/173286083
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。