2010年12月30日

手打ち蕎麦

川俣町の兄弟のバンド「YAMATO」でいつもご一緒するドラマーの Sさんは工務店の社長である。
一見こわもて無口そうに見えるので、最初は取っつきにくかったが、実はダンディーでスマートなかた。
趣味も多彩で、ドラマー、ハレー乗り、と私と相通ずるところも多い。

IMG_0481.jpg

そのSさんが打った手打ち蕎麦。
福島で飲み会があると昨晩奥様と二人で届けてくれた。
数年前にご自宅にある音楽スタジオで練習をしたときごちそうになった。「蕎麦打ちをするときは一切無口」だそうでなかなか本格的だ。以前に新聞でSさんが高校生に授業で蕎麦打ちを伝えている記事を見た。授業なのだから単に蕎麦打ちの技術だけを教えているのでは無いと思う。
そのくらい心のこもった「蕎麦」を早速夕べは「ざる」でいただき、今朝は「かけ」でいただいた。

一足早い年越し蕎麦をおいしく頂戴した。
posted by ヒゲの無くなった理髪師 at 11:04| 福島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。