2011年04月21日

行って来ました ドイツ

P1040109.JPG

(ブランデンブルグ門)

ベルリン/ハノーバー/ハーメルン/ブレーメン/ケルン/ツェレ と北ドイツ地方を11日間かけて行ってきました。
まずは息子がお世話になっている職場の方々と職業訓練校の先生達にお会いし、また息子の暮らしぶりを見て来るのが、旅の最大の目的でした。どの位ドイツ語が話せるのかも心配でした。

海外で一人暮らしをする息子の周りに 親切でフレンドリーな方、お話好きな同僚先輩、そしてアクティブな留学生の友達など、沢山の方と信頼関係を結んでいるのを見て安心しました。

学んでいる整形靴の技術はもっと勉強が必要でしょうが、靴擦れとまめが出来て歩けなくなって靴に代わり、息子の務める靴屋さんで選んで求めた靴は、履いた途端痛みを感じなくなるような、魔法の靴のようでした。いままで日本で靴を求める際、こんなにフィットする靴を選んでもらった経験はありません。
妻の選んだ靴も同様でした。
そしてもう一足を選ぼうとして「その靴は雰囲気やサイズはあっているが、幅が合わないので買わない方がいいよ」と言ってくれた、おしゃべり好きそうなドイツのおばちゃんは靴の販売員の国家(?)資格をもつと聞いて、さもありなんと感心しました。

IMG_0575.JPG


職業訓練校では息子や級友、先生達がFUKUSHIMAに向け、ワッフルを焼いて売り上げを義援金として集め、さらに息子の会社の社長さんも寄付を寄せてくれたそうです。
800ユーロも集まった寄付金はドイツを通じてFUKUSHIMAへ送られるとことでした。
そのセレモニーを地元と中央、2紙が取材に来て、帰国する日の空港で求めた新聞は今回一番の想い出となりました。

R0010555.JPG

(職業訓練校で)


あちこちで買い込んだ細々としたお土産も喜んでいただけたようです。
記念の写真は早速アルバムにすべく注文もしました。

来年は結婚30周年となり、一年早い記念旅行でした。
留守を守ってくれた家族や、スタッフに感謝します。ありがとう。

旅の様子は息子がブログを公開しています。
そちらもご覧頂けるとうれしくおもいます。

P1040318.JPG

(世界遺産 ケルン大聖堂)
posted by ヒゲの無くなった理髪師 at 11:35| 福島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。