2011年12月16日

さよなら BJ-PRO

セシウムが検出された米の出荷停止、風評被害で贈答用のリンゴの売れ行きが半分以下 など新聞は毎日つらい話題ばかりだ。
寒くてつらい日々に少しだけ元気に明るくなれる材料にであった。

始めて世にでたエレキベースは、フェンダーのプレジションベース(通称プレベ)。ピックアップが2個とボリュームとトーンだけいうシンプルなものであった。その後改良を加えたジャズベース(同ジャズベ)ができて音づくりの多彩さはジャズベにかなわない。多くのプレーヤーはジャズベを使用するが、プレベのいさぎよさが好きで、中古のジャパンフェンダーを使っていた。

先日某ギターショップの歳末展示会に行った時、日本最高峰のギター職人のブランド「MOMOSE」のベースに出会った。試奏してみると明らかに音の響きが違う。太い低音の響きの中につぶ建ちした歯切れの良い音が響く。
ショップの店員も品質の高さをほめる。
心が動いた。でも衝動買いするには金額がでかすぎる。「購入を決めていただいて、お支払いは後で、分割でも、ローンを組んでいただいても」と盛んに勧められるが、ない袖は振れない。

何とか捻出するにはと頭をひねった。
4〜5年前に購入したヤマハのギターが頭をよぎった。ネットオークションにも希にしか出ない、今はもう製造していない人気のギターだ。
私がセカンドオーナーで、まだぴかぴかである。
これを販売して購入資金の一部に当てようと思い、社長に相談したところ委託であずかるとのこと。
同時にヤフオクにも出品して様子をみた。

日曜日の朝出品した。価格を定価の6割に設定して即決価格とした。

なんとその日の夜、落札された。即日落札である。
購入資金の目途がたった。

と言うわけでモモセのプレベを手に入れることができた。

ギターのスタンドに永年輝いていた あこがれのYAMAHA BJ-PROといよいよお別れである。
その美しいフォルムをご覧ください。
P1040526.JPG


その モモセのプレベは次回 また。
posted by ヒゲの無くなった理髪師 at 09:31| 福島 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | エレキな小父さんDaddyBeat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
謹賀新年
本年もご指導のほど
お願い申し上げます。
今年こそライブ拝聴に
行かさせていただきます。
Posted by ひまなじじ at 2012年01月03日 14:00
今年もよろしくお願いします。
Posted by ひげとハサミ at 2012年01月04日 17:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/240737223
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。