2010年08月31日

改修工事

子供部屋として二つに区切って使っていた部屋の改修工事が始まった。
次男と長女で使っていたが、次男がドイツに職業訓練で行っている間、あいているだけならいっそ改修して広く使うことにした。

昨日はお休みだったので、後輩の大工さんに半日つきあって仕事ぶりをみていたら、あまりの暑さに午後になったら頭痛がしてきた。
慌てて首筋を冷やし、水分を補給し、エアコンの下にいたら落ち着いてきた。軽い熱中症かしら?

部屋の境にしていた棚とクローゼットを外し、一つの部屋として使うことにする。当初から妻が将来を見越し、そのつもりで区分していた部屋だ。娘もいつの間にかお年頃。クローゼットも足りなくなってきたらしく、大きな収納を作ることになった。

仕上がりが楽しみである。
息子が帰ってきたら? そのときはそのとき、また考えましょう

写真112.JPG   写真111.JPG
posted by ヒゲの無くなった理髪師 at 12:09| 福島 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月29日

シャモ祭り

川俣のからりこフェスタに引き続き2度目の出帳ライブ。今回はお手伝いでなくバンドでの演奏依頼でした。
シャモ祭り1日目の最後のステージ。夜7時半からの演奏でした。
今回はPAを3セット持参してのフル装備。屋外のライブだったが満足いく音量音質だったと思います。

シャモ祭りのメイン、シャモの丸焼きのイベントはすでに終わっていて本物はみれなかったので、知人の息子さんのブログから画像お借りしました。
f0236577_10129.jpg


会場で焼き鳥をごちそうになりましたが、とりの焼き鳥よりトンの焼き鳥?の方が食べ慣れている私は、ちょっとぱさぱさするように思えました。

これで夏のライブはすべて終了です。
7月18日五郎内町の鼻取り神社の例大祭での演奏に始まって昨晩のライブまで都合7回のライブでした。いろいろ勉強しました。
とても楽しく、そして熱い夏でした。
posted by ヒゲの無くなった理髪師 at 11:35| 福島 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | エレキな小父さんDaddyBeat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月27日

ナイロン弦

左 ヤマハのエレガットAPX6NA 右ARIAのエレガットで どちらも生産終了品。

「北国の青い空」「京都慕情」「想いでのソレンツァーラ」「夜霧のしのび逢い」「シェルブールの雨傘」などエレガット(ナイロン弦のクラシックギターにピエゾマイクを設置してアンプから出力できるギター)で練習している。

久しぶりにベースを弾いている時間よりギターを抱えている時間の方が長い。
どちらもSECOND USER つまり中古品。でも良い音がする。

BOSS のAD-3 というアコースティック専用のエフェクターも使用し、直接PAのスピーカーから出力している。
エレキギターはバンドの3人のリードにかなわない。エレガットならなんとか・・・・・
EREGUTTO.JPG

posted by ヒゲの無くなった理髪師 at 19:29| 福島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | エレキな小父さんDaddyBeat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月26日

練習スタジオ

自分のスタジオがほしいと思わないミュージシャンは少なくないだろうが、実現させることのできる人は多くないだろう。

川俣のSさんは、自宅にでっかいスタジオをもっている。ベースをお世話になったOさんはスタジオと録音スタジオももっている。

うらやましいかぎり。

私のスタジオ?は事務所。
自宅にベースアンプの置き場がなく、機材を事務所においているうちにだんだんスタジオに近くなってきた。
ビルの1階にある我が社の事務所は妻と私が事務をとるほか、月にいちど会計会社の事務員がくる。と言うわけで、狭いながらもスタジオと化したわけである。

写真.JPG
posted by ヒゲの無くなった理髪師 at 16:48| 福島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | エレキな小父さんDaddyBeat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月07日

出帳 ベーシスト 

ひょんなことから、川俣の夏祭りに参加することになった。
8/14に行われる「からりこフェスタ」のステージで yamato というバンドのベースを弾くのだ。

ベースというポジションはたいがいバンドで一人だ。ギターはリードやサイドギターを交互に弾くことができるが、ベースはバンドのサウンドの要と言われる。ベースが変わると曲が別のものになったりする。だからベースは交対で弾くと言うことはあまりない。ベース担当がリードを弾くときに、変わってもらう位が関の山。

以前から知り合いのドラムのSさんに声をかけていただいた。昨夜そのSさんのお宅ではじめての練習。はじめてお手合わせ願うメンバーで、細かいところが少し違っていたりしましたが、何とかこなせそうです。たとえば「10番街の殺人」の最初のテケテケをベースが担当すると言った具合。

いつも同じメンバーで統一感を大切に演奏するのも楽しいが、はじめての方達と探りながなえんそうするのもまた違って楽しい。
何曲か自己練習が必要だが、来週のライブもまた楽しみだ。
posted by ヒゲの無くなった理髪師 at 09:48| 福島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | エレキな小父さんDaddyBeat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月06日

それにしても暑い

夏祭り真っ最中である。
今年は福島わらじ祭りとパセオの七夕の同時開催。わらじ祭りは曜日で、七夕は日にちで開催日がきまつているために重なった。
もう何年もわらじ祭りを見ていない。
子供達がまだ小さい頃、お父さんにはお祭りに連れて行ってもらったっことがないと言われるくらい、いつも祭りの主催者の中にいて運営やら企画やら、そして当日の実施までどっぷり祭りの中にいた。
青年部という組織を卒業して10年近くなる。その翌年から夏祭りから遠ざかってしまった。おそらく自分の中で昇華してしまったのだろう。祭りのときめきを感じられない。

昨夜の摺上亭大鳥のライブは、実に盛り上がった。
久しぶりにfender twin-reverbが三台、swr のアンプヘッドにgliathのベースキャビネット、ドラムはすべてマイクで拾い、専用のスピーカーから出力、ギターとベースはマッキーの350wすぴーカー4発から出力と、おそらくアマチュアバンドとしてはこれ以上は無いんじゃないかと言う位の機材ボリューム。一言で言うといい音なんです。

前半30分、後半は40分の予定が飛び入りのヴォーカルのリクエスト「真っ赤な太陽」も入れてアンコール曲が終わったら1時間を超えていた。ステージの前はツイストする人で一杯。
後片付けをして夕食を口にしたのが10時を超えていた。

今日は川俣のSさんのバンドのベースお手伝いで打ち合わせ兼練習。

明後日は栄町の夏祭りでの演奏である。
IMG_0268ー2.jpg


posted by ヒゲの無くなった理髪師 at 12:49| 福島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | エレキな小父さんDaddyBeat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月30日

演奏「別れの朝」

新町の本法寺の夏祭り「鬼子母神講」での演奏

毎年お呼びいただけるようになった。本堂、庫裡の改築中で昨年に引き続き仮設テントステージで。
都市計画道路がかつての境内の中を通る予定である。その道路に沿って東西に本堂と庫裡が建てられている。

施工は「地元」と言うより、同じ町内のK建設。
退院して間のない妻のボーカルに変わって、そのK建設の社長と嫁いだお嬢さんが歌った。

いつも思うのは新町の人たちの結束力の強さと、芸達者な人の多いこと。ダンスあり、弾き語りあり、さらには朝顔の鉢のセリまでみんな自前でやってしまう。ご住職の紙芝居も堂に入ったもの。

そう言えば今ドイツにいる息子が子供の時本法寺を「ポンポウジ」と言っていたのを思い出す。
何を隠そう、私も「新町」の住人である。


posted by ヒゲの無くなった理髪師 at 14:45| 福島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | エレキな小父さんDaddyBeat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月21日

OBA-THAN  元気

猛暑もなんの その

元気なのです。
posted by ヒゲの無くなった理髪師 at 15:28| 福島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | エレキな小父さんDaddyBeat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月20日

梅雨あけライブ

各地に被害を与えた梅雨前線と低気圧が列島を離れたと思ったら、いきなりの猛暑である。

夏の第一弾目のライブは、五郎内町会にある鼻取り神社でのライブ。ほぼ毎年およびいただくが、毎年梅雨が明けるかどうかの境目あたりの日程での演奏で、雨を心配しながらの演奏だが今年は開催日に梅雨があけ、猛暑の中での演奏になった。
演奏中もタオルが手放せないほど、汗だくになってしまった。なんと最高気温が35℃で、その中で動き回るのと同じようなもので、シャツからズボンまで汗まみれでした。

野外のビアーパーティーなので、演奏途中になまビールを差し入れしてくれたりするのですが、そんなもの戴いた日にゃ、汗だくになるのと、さらには機材を持ち帰るために車の運転ができなくなってしまいます。いつもお言葉だけ戴いて帰ります。

特にこの日はあつくて帰りの車の中でエアコンを最強にまわしてもそれでもまだ暑く感じた。帰宅してすぐシャワーを浴びたら、いつもの温度の温水が一瞬熱湯をかけられたように難じたのは、おそらく体温もかなり上昇してたのでしょうね。
メンバーのTさんは、ライブのあと体重を量ったら1.5Kg減っていたと言ってました。

翌日は梁川町のホテルのサマーディナーショーでの演奏でした。クーラーの効いた室内での演奏で、前日に比べこんなにありがたく感じたことはありませんでした。

夏のライブ、あと3回あります。

posted by ヒゲの無くなった理髪師 at 11:34| 福島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | エレキな小父さんDaddyBeat | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月14日

無 情

商店街に衝撃が走った。
明治から続く書店の倒産(自己破産)である。

シャッターが下ろされ、破産の申し立てと、破産管財人の選定を知らせる無味乾燥な紙が張り出された。

幼なじみ なのである。
同じ町内に住み、同じ小中学校に学び、同じ商店街で家業を継いで、息子同士も同級生なのである。

相当疲れていたのだろう。調髪中はづ〜っと眠ってばかりいた。同時に新聞店もやっていて、人手不足の時は、自ら朝刊の配達もしていたそうだ。

競争の激化と活字離れが結果を招いたと、いわれる。路線価の評価が下げ止まらない。資産価値が下がれば担保としての価格も下がる。銀行の査定も厳しくなる。

雑誌を配達してくれる従業員が挨拶にきた。
迷惑かけて済みませんとしか謝るしかないのが倒産なのだろう。しかし、合法的な精算の一つの手段であることに違いはない。なんら恥じることはない経済活動の合法的な手段なのだから。

時が来たら、いつかまた町内の祭で、酒を酌み交わしながら山車を動かそうよ。
いまは辛いだろうが、乗り越えてまた一緒にやろうよ。友達なんだから。
体に気をつけて。
posted by ヒゲの無くなった理髪師 at 12:47| 福島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 街は今 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。